前へ
次へ

物品賃貸業とはどんなものか

公的な分類ではいろいろな業種を、その違いを表す名称をつけて呼んでいます。その中の一つに物品賃貸業があり、これは商品を貸すビジネスのことをいいます。分類上は不動産業にかなり近いところにあるのですが、貸すのは不動産ではなくそれ以外の商品です。貸しているのはスポーツの道具など、一般的なものが多く特殊なものは少ないです。この分類は役所などで必要だから呼んでいるだけで、実態は単純に物を貸している商売のことをいいます。また物品賃貸業は不動産業を関連していることもあり、不動産業に近いビジネスをしている業者もいます。分類上の話なので実際の業務の上では、それほど大きな意味を持つわけではないです。ただ役所とやりとりをしたり、何らかの公的な手続きをする時は重要になることがあります。

Page Top