前へ
次へ

物品賃貸業の定義とその事業所数

物品賃貸業とは主に産業用あるいは事務用の機械器具や自動車、スポーツ娯楽用品、映画並びに演劇用品等の物品を賃貸する事業所を指します。したがって、多岐に渡る仕事が該当します。物品賃貸業を営む場合にはそれを管轄する所定の機関に対して許可申請の届出が必要になります。2012年のデータによれば物品賃貸業の事業所数は東京が日本の中では1番多く、58000ほどになります。東京の次に多いのが大阪になります。神奈川や愛知県、北海道は東京や大阪の次に多いです。物品賃貸業は大都市に多く集中している傾向にあります。事業所数の全国平均は8000ほどになります。日本の中で1番少ないのは鳥取県で、事業所数が1300ほどになります。

Page Top